中学受験は過去問を極めれば合格可能性がある

中学受験は過去問を極めれば合格可能性がある

中学受験は過去問を極めれば合格可能性がある 中学受験では志望校に向けて勉強をしていき、そこに受かるだけの学力を身につけていくという作業が必要になります。しかし、どれだけ勉強をしてもなかなか志望校に受かるだけの偏差値にならない場合もあると思うのです。

模試などを受ければ志望校に受かる可能性がどれくらいか?というのは分かると思いますが、その結果から志望校に受かるだけの学力がないと判断されれば、いずれは受ける学校を変えるという選択肢も出てくるかもしれません。
しかし、学力が足りないからといってその志望校への合格が完全に不可能になるわけではありません。模試などの結果は全く参考にならないとは言いませんが、あくまでも参考に留めておいてほしいです。

個別の中学の過去問をやることで、合格の可能性はどんどん上がっていきます。というのも、お子さんがやっているのは中学受験に受かるための勉強であって、模試で良い結果を残すための勉強ではありません。
つまり、模試の過去問をとことんやって模試で良い結果を残すための勉強を行えば、模試の結果も全然違ったものになったはずなのです。ということは、それをやっていないで受けた模試の結果は、まだ本気を出していない状態で受けたに等しいとも言えると思います。

ですから、志望校の過去問を何年分もやって、傾向と対策を練れば、模試では学力が足らないと出ても、その志望校に受かるための学力がついている可能性はあります。中学受験はそういった考え方も必要になるのではないでしょうか?キレイモキャンペーン

お知らせ